スタッフブログ

リフォームは、暮らしを見直す最大のチャンス!

+Comfort表札
初めて作った小さな看板!

 

代表の高橋真美子です。

大阪北摂、箕面で +Comfort(プラスコンフォート)という

住宅リフォームの小さな会社を立ち上げて3年目に入っております。

 

その昔、かれこれ20年前、リフォームを仕事にしたのは、住まいを綺麗に便利に快適にする仕事って

素敵だと思ったのがきっかけだけれど、リフォームの意味ってもっと深いという

ことに気付くのにはそれほど時間はかからなかったように思います。

それは、私が女性だからなのかな?って感じます。

 

建築業界において女性の存在はコンサルティングという部分だと強く思っています。

 

何故なら、多くの男性の経験と脳ではわかりにくい生活という部分のお客様の強いこだわりや

感性の部分は、女性だからこそ共感出来ることがとても多いと思うのです。

それは、家庭の生活サイクルを回す責任をやはり女性が担っているということや

やはり子供を産む、育てるにおいては女性の役割が大きいということが大きな理由だからでしょう。

 

それに対して建築は、大多数が男性の男社会の業界。

だからこそ、女性であるということの役割はとても喜ばれるというメリットもあれば

繋ぐ部分でのギャップの責任というとても大変な面もあります。

 (工事という工程はモノの交換には必ず必要)

 

壊れたモノを交換するとか、老朽化した設備を最新のモノに取り替えるという意味での

リフォームはとてもわかり易いので誰もがはっきりと効果や事実を理解出来る部分です。

でも、それだけでは満足出来ないという事実を長年感じて来た私は、リフォームには暮らしを見直す

というステップがここにどうしても必要でその見直し方が実はとても重要だということを

大切なお客様にお伝えし、お手伝いをしたいと思うようになりました。

 

私の経験ではリフォームでどんなキッチンを入れて、どんな壁紙を貼ってどんな家具を

どんな風に置くか?そんなことからプランニングを進めていくケースが多いので、現状の暮らしからや

モノの持ち方の見直しはお客様任せ、作った箱の中に今までの生活を当てはめていくことに結局

なってしまったのではないかと思います。

 

あまり変化ないと首をかしげる奥様が多いのも無理はないのです。

 

このあまりにも残念な事実があればこそ、整理収納アドバイザーとして学び

お伝えしていく努力を始めました。整理は暮らしのベース作りです。

暮らしにくい要素は取り除き、ストレスの少ない快適な生活を実現するための

大切な基礎の部分になります。

 

リフォームは暮らしを見直す最大のチャンスです!

この3年、私はこの言葉を常にお伝えしようとして来ました。

この一人一人全ての方において、価値観が違う難しい部分だからこそ、時間と予算を割いてでも

しっかりと取り組む必要があり、その為の最大のツールとして整理収納の理論、スキルがあります。

 

家庭を営み、暮らしを積み重ねていく中でどれ程多くのモノや感情や目に見えないものも

含めて溜めこみ、背負い、動きにくい・・・、何とかしたい

その気持ちが膨らむころとリフォームの時期は見事に重なっているのではないでしょうか?

 

整理を通して身軽になって、今の自分の家族の体力や気力様々な状況にあった暮らしに

リフォームするからこそリフォームの価値が何倍にもなるのだと私は思います。

 

間違っても工事でそれが実現できるとは思わないで欲しいのです。

 

そこは、全く別です。

 

 こんな風にどうしたらいいのか?

悩むことや戸惑うことが多いまま、リフォームに持っていくのは危険!

 

+Comfortは、リフォームを整理してお客様の価値観やこれからの生活に焦点を

当てていくプロジェクトをおススメしております。

共感、興味のある方は是非、お気軽にお問合せくださいね。

聞いてみたいことを是非、聞いて欲しいと思っておりますので♪

 

+Comfort 代表 髙橋真美子